短期間で取得できるnlpプラクティショナーの資格

知的財産権の保護

講義

知財を守らなければ、自社に特有の技術を他社に使用される恐れが高まります。しっかりと知財を守ることが大切なのです。知財を知り尽くしている人は少ないため、新しく社員を雇うよりも現社員をセミナーに参加させるとよいでしょう。

もっと知ろう

福祉全般に関する職業

相談

新潟に住んでいて社会福祉士になりたいと考えた場合には、まずはどういった条件で国家試験を受けることができるのかを調べてみましょう。社会福祉士になるためには様々な方法がありますので、学歴や実務経験などを照らし合わせて自身に最適なものを選ぶことが大事です。

もっと知ろう

音の障害に関する専門家

カウンセリング

言語聴覚士は発話や音声、食べ物の飲み下しなどの口の機能に関する障害、及び聴覚に関する障害に対するリハビリテーションを専門に担当する仕事です。その資格は国家資格となっており、国の指定した大学や専門学校等で学んだあと国家試験に合格することで取得することができます。

もっと知ろう

今注目の資格

女の人

資格を取得するには

nlpにまつわる資格の中でも一番短期間で取得することが出来るのがプラクティショナーであり、その上のマスタープラクティショナー、トレーナーとなると、取得するのに更に費用と時間がかかります。プラクティショナーの段階であると、自分がnlpを理解し、それを実践できるようにすることが目標となります。それからトレーナーまで取得すると人に対してもnlpを教えることが出来るようになります。nlpプラクティショナーの資格を取得するには、セミナーに参加することが条件です。基本的には1週間から10日間程度のものが多く、それに参加することで資格を取得することが出来、費用はしっかりした協会などが開催しているものであると20万円から30万円程度になります。

人材育成にも有効

nlpを理解し、身につけることでどのような効果を得ることが出来るのでしょうか。これに関しては、人との会話能力やコミュニケーション能力を向上させ、自分自身を出来る人へと変えることが出来ます。日本国内でも近頃では特にセールスを取り扱う一般企業に注目され始めており、資格の取得を推奨している企業もあります。もちろん自らの仕事の業績を向上させるきっかけにもなりますし、それ以上に自分自身をさらに魅力的な人間にすることによって、出会いの幅も広がる思考方法がnlpです。そのため特に内気な自分を変えたいと思っている人にオススメの資格です。また、仕事面だけでなくスポーツにも役立てることが出来、大事な時の判断力や全体を見ることの大切さをnlpで学ぶことが出来ます。