短期間で取得できるnlpプラクティショナーの資格

音の障害に関する専門家

カウンセリング

話す・聞く機能を訓練する

医療や福祉の現場においてはリハビリテーションに関する専門職が数種類存在し、それぞれの技能を生かして活躍しています。代表的なところでは理学療法士や作業療法士といった、主として運動機能の回復訓練を担当する職種がよく知られています。一方、発話や聴覚といった音声に関するリハビリを専門に担当するスペシャリストも存在します。それが言語聴覚士です。言語聴覚士は、生まれつきあるいは傷病等によって言語機能や音声機能に関する障害を持っている人に対し、必要な訓練を行って機能の回復や発達を助けることを業とする職種です。その資格は国家資格となっていますが、制度が設けられたのが1997年と比較的新しいこともあって取得者はまだそれほど多くなく、就職市場においては人気の高い資格となっています。

就職には国家資格が必要

言語聴覚士の仕事は主に失語症や吃音、聴覚障害、感音性難聴などの障害を持つ人々に対し、検査や訓練を行ったり、補聴器や人工内耳などの調整を行ったりすることです。また、摂食・嚥下障害など言語以外の口の機能に関する障害のリハビリも担当します。言語聴覚士になるには、国が指定した学校で所定の学課を履修したうえで国家試験に合格する必要があります。指定校には大学や専門学校等があり、それぞれ必要な学習年限が異なります。指定を受けた学校は2016年現在で全国に70校ほど存在します。また、指定大学以外の大学を卒業してから専修学校で一定期間学ぶというコースもあります。資格取得後の進路としては病院やリハビリセンターなどが中心となります。また、老人保健施設などで活躍する例もあります。