短期間で取得できるnlpプラクティショナーの資格

知的財産権の保護

講義

知的財産権

特許権などは知的財産権になりますので、自社内で特許を取得したいと考えている場合には、きちんと保護する必要があります。特許権を保護しないとどのようなことになるのかをご存知でしょうか。まず、自社内で持っていた権利を他者に使用されたとしても法的な保護を受けることができなくなります。つまり、自社内で新しい技術を開発したときに特許権としての申請をしないと、その技術を他社に独占されてしまうことがあり得るのです。したがって、自社内には知財に関する担当者を配置することをおすすめします。企業の中には、営業部員を増員しても知財担当者は置かないケースがあります。それはこれまで説明した通り、とてもリスクの高い行為なのです。

知的財産権に関する知識

多くの企業で知財担当者を配置できないのには理由があります。その理由とは、知財に関する知識を持っている人はとても少ないということです。知財を管理する知識を所有していることを示す資格もありますが、そういった資格を保有する人は稀です。したがって、改めて知財担当者を雇うのではなく現社員を教育するようにしましょう。教育するために有効な方法がセミナーです。セミナーに参加することで、知財に関する基礎的な知識を得られるからです。東京都内などの大都市圏では、知財セミナーが実施されていますので積極的に参加するようにしましょう。セミナーへの出席といった地道な努力こそが、企業が保有する大切な知財を守ることにつながっていくのです。